のれん染工場の職人になるには?必要な資格や経験

職人になるための必須資格は無い

飲食店や旅館など、街や観光スポットなどの様々な場所で
みかけることが多いのれんですが、その精巧な作りから
製作に携わるには長い期間の修行が必要という、ハードルの
高い職業に感じている方も多いことでしょう。

確かに染色や型づくりなど、複雑な工程を経てやっと完成
する伝統工芸品で、全くの未経験の素人では製作することは
不可能です。

随所に見られる製作者の拘りや長年培われてきた技術に
よって崇高な輝きを見せるのれんですが、作り手側に回り
たくても経験や技術が必須で、直ぐにはなれないと諦めがち
な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

のれん職人

のれんは日本の伝統工芸品として古くから日本で受け継がれて
きたものですが、製作に直に携わるには、特に必須資格が必要
というわけではありません。

のれんの染工場の求人には、未経験者の募集も行っております
ので、染工場の職人になるには先ずは応募して現場で経験を
積むのが大切です。

経験豊かな方々が多数在籍していますので、手厚い指導のもと、
のれんの染色や過程を見て学び仕上がるまでの各工程について
の知見を広めるのが肝心です。

長い年月をかけて経験を積むことで、自ずと技術も磨かれ
一人前への道へと繋がります。

染色家養成の学校も存在する

のれん染工場で職人になるには全くの未経験でのスタートも
可能ですが、全国には染色家育成の学校も存在しますので、
そこに入学して染色や伝統工芸品に対しての知識や技術を
学んでから染色家になれば、よりハイクオリティののれん作り
に携わることが可能になるでしょう。

養成学校では当然染色家志望の方々が周りに多く存在しますので、
お互いの意見を交換し合うことによって芸術的なセンスを磨くこと
にも繋がり、将来的に独創的なのれんが作れる感性を養うことにも
なります。

のれん作りには芸術的な感性も必要で、センスを磨くことで
染色などの製作過程の様々な場面で活かすことも出来ます。

学ぶ

よりのれんに対しての知識や技術を向上させたいのなら、
養成学校に入学するのが良いでしょう。

また、長い修行を経て経験を積んでいけば、国家資格でもあり
日本の芸術を後世に伝える重要な役割を担う、伝統工芸士への
道も拓けます。

資格を取得するには12年以上実務経験が必須などの条件があり、
学歴よりも技術が問われる取得が困難な狭き門ですが、後世に
文化や技術を伝える重要な役割を担うため国からの補助金など
の援助のもと、生涯にわたって染色などの製作に携わることも
可能になります。

「京都のれん」の飲食店のPRで活きる暖簾の特徴

暖簾と言えば、お店の入り口にかかっており、かけるだけで
風情やお店の雰囲気を伝えることができることが特徴で、言わば布の看板です。

布の看板

はんなりとしたやわらかい印象と歴史や風格を感じさせる佇まいを
演出することができるため、多くの店舗で利用されています。

暖簾を取り扱っているお店はたくさんありますが、伝統的なデザインや
技術、素材を用い、最新の技術も持っていると評判が良いのが京都のれんです。

京都のれんでは、オリジナルのデザインを注文することができるため、
店舗名はもちろんお店を表す言葉や柄を入れたり、グラデーションなどを
施したりすることができます。

飲食店では、暖簾を見ただけでお店で扱っている飲食物やお店の雰囲気、
こだわりなどが伝わることが大切なので暖簾でお店のPRをすることができ、
店舗入り口や窓、店舗内など活用シーンは幅広くなっています。

京都のれんは、インターネットの通販で簡単に注文をすることが
できることも特徴です。

注文しやすい

インターネットの発注でもデザインの打ち合わせをすることができたり、
素材や色、柄などを選ぶことができるため大変便利になっています。

全国どこからでも注文が可能で、素材や製法、技法などの説明や事例も豊富です。

特注の暖簾は費用が高いというイメージがありますが、
見積もりを事前にとることができるため、予算に応じた暖簾を
制作することができることも人気の理由です。

高品質で見た目が良く、丈夫なことから全国からの注文が相次いでいます。

入り口の目隠しとして「トイレ暖簾」

暖簾のユニークな用途としてはトイレに暖簾を掲げるといった
シーンも見られ、飲食店や温浴施設などの店舗で
採用されることもあります。

識別

一番の目的は男性や女性の識別がしやすいことで、
間違って女性が男性用へ、男性が女性用へ入ってしまうことを防ぐことができます。

それと見た目がおしゃれな印象もあり、古風な感じで落ち着きがあるとして
インテリアの一環として採用されるケースもあります。

落ち着く

よく採用されている店舗は、和食を中心とした飲食店や
温浴施設などが該当します。

さらには他の目的としては、中を外から見られない様にする
目隠しの機能を持っているケースも見られ、外から覗かれると
恥ずかしい場所であるため、そういった対策を行う上でも
優れています。

実際に入口に暖簾がかかっている場合とかかっていない場合とでは
大きな違いが見られ、それがあれば人が通った時に簡単に
中の様子を覗うことができず、一方、それが無いと明らかに
中の状態が丸見えとなってしまいます。

また暖簾の役割は風水的な役割もあり、外からの邪気や
風などを遮る効果が期待できることで運気をアップすることにも繋がります。

トイレなどの水回りを綺麗にすることは運気をアップする事に
繋がるぐらいで、例えば邪気を侵入できない様にし、一方では
運気をそこに留めおく効果をもたらすと考えられています。

用途としてはトイレに掲げられることもありますが、
それを入手するにはECサイトで扱っていることも多いです。

シンプルなデザインから、なかには凝ったデザインまで見受けられ、
ECサイトで検索すれば様々なデザインの物を見つけることが可能となります。

販売促進グッズにぴったりな「ノベルティ暖簾」

暖簾は店舗の玄関口を飾るだけではなく、贈答品や
ノベルティグッズに選ばれている幅広い用途に利用できる商品です。

企業だけではなく、飲食店で配布されることや、地方自治体が
地元の名産品や名物の宣伝に作成する場合もあります。

和風のためからか演歌歌手の所属事務所が
ファンクラブの方に向けてをしたり、同人誌の即売会において
アニメのキャラクターをプリントして配布しているケースも見られます。

それでは、どのような暖簾が制作できるのかというと、
テトロンポンジやトロピカルなどの化学繊維の生地を
用いたものから、綿や麻、絹などを用いた本格的なものまで制作が可能です。

化学

これらの中では化学繊維のものがノベルティグッズに
使用する生地としては最適です。

化学繊維のものは価格が安いのが特徴で、経費の削減ができるため
大量に用意しなくてはいけないノベルティグッズに使用するには
打ってつけだと言えます。

さらに、化学繊維の生地はフルカラーのプリントにも
対応しているので、写真やキャラクター、イラストやロゴなど
きれいに印刷することができます。

色の発色が良くデザインを凝らし、オリジナル感を
打ち出していけるでしょう。

化学繊維以外の生地では、店舗などで小規模に
配布する場合なら綿生地を使用したものがおすすめです。

安価であることと、綿生地なら染めにも対応しており、
天然素材を使用しているので優しい風合いの暖簾が作成できます。

天然

ちなみに、一般の既製品には綿生地が使用されています。
このように、低価格でオリジナルのノエルティグッズが作成できるのが暖簾の魅力です。

銭湯・温泉の定番「湯暖簾」

「湯暖簾」とは銭湯や温泉の出入り口に掛けられる暖簾です。
その用途は3つあります。

1つは浴場スペースとそこから繋がっているスペースとの仕切り、
もう1つが外から脱衣場を見えないようにする配慮、そして最後の1つがトレードマークです。

姫の湯

仕切りと目隠しはワンセットに
なっていますが、最後のトレード
マークにはデザインに深く関わる
2つの意味があります。

まず1つ目の意味は「ここから先は
浴場である」という看板です。
例えば店頭用の暖簾は看板の
役割があるため、店によって
布に描かれる文字が異なります。

それと同様に温泉用には「ゆ」と大きな文字が
生地に描かれる事が一般的です。

その一般的なものにはもう1つ、「男」と「女」という文字が
表記されている記事があります。

これが2つ目の意味です。
つまり利用者が間違えないための工夫というわけです。

ほとんどの場合、文字とともに赤と青という色違いの生地を用いています。

同一なデザインが多いのは前者の意味を守っているからです。
そんな温泉用には制作において基本的な項目が定められています。

それは大まかに分けて4つです。1つ目の基本は透けない
厚手の生地を用いる事、2つ目の基本は落ち着いた風合いである事、
3つ目の基本は色よりも文字と趣を大切にする事、
そして4つ目の基本は防炎加工を施す事が必須となります。

防炎処理

特に4つ目の基本となる防炎加工は火気が多い浴場には必要です。
設置場所によっては加工しなくても良いかもしれませんが、
備えをして損はありません。