のれん補助金制度は職人を守るため

京都市では京都にふさわしい広告物の普及を促し、
広告景観を向上させるために補助金制度を設けています。

のれんと補助金

京都で育まれた技術を使ったのれんに対して交付され、
機械で製作されたものでなければ、シルクスクリーンでも
適用になるのです。

本染めの場合印刷技術でのれんをつくるのに比べて高くなるので、
補助金を使って多くの人々が染め物に触れられる機会が増すので
良いことだと思われます。

お客様にも良い制度ですが、京都の伝統を引き継いで
仕事をしてきた多くの京都の職人を守る制度でもあるのです。

のれん製作だけでなく、設置のための金具付けや
のれんのデザイン代にも充当することができますから、
製作代が安い方がメリットが出てくることになります。

印刷技術に比べて本染めの技術は職人が一人前になるまで
すごく時間がかかるもので、この制度を活かすことで
意欲のある職人を増やしていくための励みになるのです。

伝統技術を残していくためには、それを守ってきた
職人の貢献を評価することが重要です。

伝統工芸であるのれんづくりに適用されたことは
職人の技術を守り、手づくりの良さを景観に
ふさわしいものにしていくことを意味しています。

伝統を守る京都市らしい制度です。

制度の活用

のれんで守る広告景観

京都市の広告景観づくり条例は、京都にふさわしい
屋外広告物を普及させ建築物や街並みに合った広告物を取り入れて
街づくりをしていこうという趣旨があります。

これには地域の状況を考慮して広告物を製作していこうというものです。

したがって、商店街等の広告においても統一看板や
協働看板がふさわしいとしています。

京都の商店にとってのれんは、屋号とともに
その商店を象徴づける存在であります。

のれん製作にあたって、街並みに溶けこむものになることが重要です。

のれんは本染めで職人が丹精込めて作り上げたものが多く、
たとえ印刷技術でスクリーン形式で造られたものであっても
伝統を守って製作されることが要求されます。

陳腐な広告塔などが、京都の街並みにふさわしいかと言えば
街並みの景観を壊すことにつながります。

したがって、広告のデザインも統一的な調和が大事になるのです。

古き伝統と職人の技術を守っていくことこそ
景観づくりに活かされることが求められています。

この趣旨をふまえて条例に基づいて、景観を大事にする趣旨で
広告物をとらえていく必要があります。

このため、景観を守るためデザインや大きさ、色などに
統一性を維持することが求められているのです。

「京都のれん」の飲食店のPRで活きる暖簾の特徴

暖簾と言えば、お店の入り口にかかっており、かけるだけで
風情やお店の雰囲気を伝えることができることが特徴で、言わば布の看板です。

布の看板

はんなりとしたやわらかい印象と歴史や風格を感じさせる佇まいを
演出することができるため、多くの店舗で利用されています。

暖簾を取り扱っているお店はたくさんありますが、伝統的なデザインや
技術、素材を用い、最新の技術も持っていると評判が良いのが京都のれんです。

京都のれんでは、オリジナルのデザインを注文することができるため、
店舗名はもちろんお店を表す言葉や柄を入れたり、グラデーションなどを
施したりすることができます。

飲食店では、暖簾を見ただけでお店で扱っている飲食物やお店の雰囲気、
こだわりなどが伝わることが大切なので暖簾でお店のPRをすることができ、
店舗入り口や窓、店舗内など活用シーンは幅広くなっています。

京都のれんは、インターネットの通販で簡単に注文をすることが
できることも特徴です。

注文しやすい

インターネットの発注でもデザインの打ち合わせをすることができたり、
素材や色、柄などを選ぶことができるため大変便利になっています。

全国どこからでも注文が可能で、素材や製法、技法などの説明や事例も豊富です。

特注の暖簾は費用が高いというイメージがありますが、
見積もりを事前にとることができるため、予算に応じた暖簾を
制作することができることも人気の理由です。

高品質で見た目が良く、丈夫なことから全国からの注文が相次いでいます。

銭湯・温泉の定番「湯暖簾」

「湯暖簾」とは銭湯や温泉の出入り口に掛けられる暖簾です。
その用途は3つあります。

1つは浴場スペースとそこから繋がっているスペースとの仕切り、
もう1つが外から脱衣場を見えないようにする配慮、そして最後の1つがトレードマークです。

姫の湯

仕切りと目隠しはワンセットに
なっていますが、最後のトレード
マークにはデザインに深く関わる
2つの意味があります。

まず1つ目の意味は「ここから先は
浴場である」という看板です。
例えば店頭用の暖簾は看板の
役割があるため、店によって
布に描かれる文字が異なります。

それと同様に温泉用には「ゆ」と大きな文字が
生地に描かれる事が一般的です。

その一般的なものにはもう1つ、「男」と「女」という文字が
表記されている記事があります。

これが2つ目の意味です。
つまり利用者が間違えないための工夫というわけです。

ほとんどの場合、文字とともに赤と青という色違いの生地を用いています。

同一なデザインが多いのは前者の意味を守っているからです。
そんな温泉用には制作において基本的な項目が定められています。

それは大まかに分けて4つです。1つ目の基本は透けない
厚手の生地を用いる事、2つ目の基本は落ち着いた風合いである事、
3つ目の基本は色よりも文字と趣を大切にする事、
そして4つ目の基本は防炎加工を施す事が必須となります。

防炎処理

特に4つ目の基本となる防炎加工は火気が多い浴場には必要です。
設置場所によっては加工しなくても良いかもしれませんが、
備えをして損はありません。