のれんのメインカラーに込められた深い意味

店先でよく見かけるのれんは、元々は日よけや風よけ、防寒、目隠しなどの目的で使用されていました。

冷暖房の設備が整った現代では、防寒としての役割は終えましたが、目隠しとしては公共の入浴施設などで今でも使われています。

ちなみに、のれんがかかっていると営業中で、かかっていないと閉店中という営業時間の目安にもなります。

営業中のサイン

このようにのれんには、さまざまな役割がありますが、中でも店の宣伝や広告といった看板としての役割が大きく、そのメインカラーに何を選ぶかによって店の印象も左右されます。

かつて、のれんの色使いは業種ごとに決められていました。
藍染めには昔から虫除けの効果があるとされていて、虫が寄りつかないという意味合いから、呉服屋や酒屋、そば屋などで藍色が好んで使われてきました。

砂糖を使っていた菓子屋や薬屋では白色が使われ、金融機関からの借金がある者は返済が終えるまで紫色を用いなければならないという暗黙のルールがあったようです。

現在では、かつてのように業種ごとに関する色の決まり事はなく、自由に好きな色を選ぶことができますが、あえてこだわりを持って昔の慣習に従いメインカラーを選択するのも粋かもしれません。

のれんは店舗に合わせた色のバランスが重要

のれんは本来、日よけや防寒、目隠しなどの目的で使用されていましたが、今ではお店のアピールをする看板としての役割が大きくなっています。

道行く人に注目してもらい、好印象を持たれるにはデザインだけでなく
色選びが重要で、店舗のイメージに合った色のバランスを考えて選ぶのがポイントです。

赤やオレンジなどの暖色系の色は、食欲増進効果があるとされ、焼き鳥屋やラーメン屋などの飲食店によく使われています。
また、陽気で明るいイメージを持ちやすく、楽しい雰囲気の店内の様子が一目見るだけで伝わります。

黄色は、注意喚起の看板などに使われることが多く、遠くからでも人目を引くのに適した色です。向かいの通りやビルの上階などの遠くからでも注目を集めたい時におすすめです。

のれんの色の選択

緑は、植物の色であることから穏やかで爽やかな印象を与える効果があり、和菓子屋や小料理屋など落ち着いたたたずまいのお店でよく目にします。

青は、静かで涼しげなイメージで、海を連想させることから寿司屋や鮮魚店でよく使われます。

このように色のもたらす心理効果などを利用して、遠くからでも目立ちやすく
印象に残りやすいのれん作りを心がけるようにしましょう。

「京都のれん」の飲食店のPRで活きる暖簾の特徴

暖簾と言えば、お店の入り口にかかっており、かけるだけで
風情やお店の雰囲気を伝えることができることが特徴で、言わば布の看板です。

布の看板

はんなりとしたやわらかい印象と歴史や風格を感じさせる佇まいを
演出することができるため、多くの店舗で利用されています。

暖簾を取り扱っているお店はたくさんありますが、伝統的なデザインや
技術、素材を用い、最新の技術も持っていると評判が良いのが京都のれんです。

京都のれんでは、オリジナルのデザインを注文することができるため、
店舗名はもちろんお店を表す言葉や柄を入れたり、グラデーションなどを
施したりすることができます。

飲食店では、暖簾を見ただけでお店で扱っている飲食物やお店の雰囲気、
こだわりなどが伝わることが大切なので暖簾でお店のPRをすることができ、
店舗入り口や窓、店舗内など活用シーンは幅広くなっています。

京都のれんは、インターネットの通販で簡単に注文をすることが
できることも特徴です。

注文しやすい

インターネットの発注でもデザインの打ち合わせをすることができたり、
素材や色、柄などを選ぶことができるため大変便利になっています。

全国どこからでも注文が可能で、素材や製法、技法などの説明や事例も豊富です。

特注の暖簾は費用が高いというイメージがありますが、
見積もりを事前にとることができるため、予算に応じた暖簾を
制作することができることも人気の理由です。

高品質で見た目が良く、丈夫なことから全国からの注文が相次いでいます。

販売促進グッズにぴったりな「ノベルティ暖簾」

暖簾は店舗の玄関口を飾るだけではなく、贈答品や
ノベルティグッズに選ばれている幅広い用途に利用できる商品です。

企業だけではなく、飲食店で配布されることや、地方自治体が
地元の名産品や名物の宣伝に作成する場合もあります。

和風のためからか演歌歌手の所属事務所が
ファンクラブの方に向けてをしたり、同人誌の即売会において
アニメのキャラクターをプリントして配布しているケースも見られます。

それでは、どのような暖簾が制作できるのかというと、
テトロンポンジやトロピカルなどの化学繊維の生地を
用いたものから、綿や麻、絹などを用いた本格的なものまで制作が可能です。

化学

これらの中では化学繊維のものがノベルティグッズに
使用する生地としては最適です。

化学繊維のものは価格が安いのが特徴で、経費の削減ができるため
大量に用意しなくてはいけないノベルティグッズに使用するには
打ってつけだと言えます。

さらに、化学繊維の生地はフルカラーのプリントにも
対応しているので、写真やキャラクター、イラストやロゴなど
きれいに印刷することができます。

色の発色が良くデザインを凝らし、オリジナル感を
打ち出していけるでしょう。

化学繊維以外の生地では、店舗などで小規模に
配布する場合なら綿生地を使用したものがおすすめです。

安価であることと、綿生地なら染めにも対応しており、
天然素材を使用しているので優しい風合いの暖簾が作成できます。

天然

ちなみに、一般の既製品には綿生地が使用されています。
このように、低価格でオリジナルのノエルティグッズが作成できるのが暖簾の魅力です。