のれん補助金制度は職人を守るため

京都市では京都にふさわしい広告物の普及を促し、
広告景観を向上させるために補助金制度を設けています。

のれんと補助金

京都で育まれた技術を使ったのれんに対して交付され、
機械で製作されたものでなければ、シルクスクリーンでも
適用になるのです。

本染めの場合印刷技術でのれんをつくるのに比べて高くなるので、
補助金を使って多くの人々が染め物に触れられる機会が増すので
良いことだと思われます。

お客様にも良い制度ですが、京都の伝統を引き継いで
仕事をしてきた多くの京都の職人を守る制度でもあるのです。

のれん製作だけでなく、設置のための金具付けや
のれんのデザイン代にも充当することができますから、
製作代が安い方がメリットが出てくることになります。

印刷技術に比べて本染めの技術は職人が一人前になるまで
すごく時間がかかるもので、この制度を活かすことで
意欲のある職人を増やしていくための励みになるのです。

伝統技術を残していくためには、それを守ってきた
職人の貢献を評価することが重要です。

伝統工芸であるのれんづくりに適用されたことは
職人の技術を守り、手づくりの良さを景観に
ふさわしいものにしていくことを意味しています。

伝統を守る京都市らしい制度です。

制度の活用

のれんで守る広告景観

京都市の広告景観づくり条例は、京都にふさわしい
屋外広告物を普及させ建築物や街並みに合った広告物を取り入れて
街づくりをしていこうという趣旨があります。

これには地域の状況を考慮して広告物を製作していこうというものです。

したがって、商店街等の広告においても統一看板や
協働看板がふさわしいとしています。

京都の商店にとってのれんは、屋号とともに
その商店を象徴づける存在であります。

のれん製作にあたって、街並みに溶けこむものになることが重要です。

のれんは本染めで職人が丹精込めて作り上げたものが多く、
たとえ印刷技術でスクリーン形式で造られたものであっても
伝統を守って製作されることが要求されます。

陳腐な広告塔などが、京都の街並みにふさわしいかと言えば
街並みの景観を壊すことにつながります。

したがって、広告のデザインも統一的な調和が大事になるのです。

古き伝統と職人の技術を守っていくことこそ
景観づくりに活かされることが求められています。

この趣旨をふまえて条例に基づいて、景観を大事にする趣旨で
広告物をとらえていく必要があります。

このため、景観を守るためデザインや大きさ、色などに
統一性を維持することが求められているのです。

のれん染工場の職人になるには?必要な資格や経験

職人になるための必須資格は無い

飲食店や旅館など、街や観光スポットなどの様々な場所で
みかけることが多いのれんですが、その精巧な作りから
製作に携わるには長い期間の修行が必要という、ハードルの
高い職業に感じている方も多いことでしょう。

確かに染色や型づくりなど、複雑な工程を経てやっと完成
する伝統工芸品で、全くの未経験の素人では製作することは
不可能です。

随所に見られる製作者の拘りや長年培われてきた技術に
よって崇高な輝きを見せるのれんですが、作り手側に回り
たくても経験や技術が必須で、直ぐにはなれないと諦めがち
な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

のれん職人

のれんは日本の伝統工芸品として古くから日本で受け継がれて
きたものですが、製作に直に携わるには、特に必須資格が必要
というわけではありません。

のれんの染工場の求人には、未経験者の募集も行っております
ので、染工場の職人になるには先ずは応募して現場で経験を
積むのが大切です。

経験豊かな方々が多数在籍していますので、手厚い指導のもと、
のれんの染色や過程を見て学び仕上がるまでの各工程について
の知見を広めるのが肝心です。

長い年月をかけて経験を積むことで、自ずと技術も磨かれ
一人前への道へと繋がります。

染色家養成の学校も存在する

のれん染工場で職人になるには全くの未経験でのスタートも
可能ですが、全国には染色家育成の学校も存在しますので、
そこに入学して染色や伝統工芸品に対しての知識や技術を
学んでから染色家になれば、よりハイクオリティののれん作り
に携わることが可能になるでしょう。

養成学校では当然染色家志望の方々が周りに多く存在しますので、
お互いの意見を交換し合うことによって芸術的なセンスを磨くこと
にも繋がり、将来的に独創的なのれんが作れる感性を養うことにも
なります。

のれん作りには芸術的な感性も必要で、センスを磨くことで
染色などの製作過程の様々な場面で活かすことも出来ます。

学ぶ

よりのれんに対しての知識や技術を向上させたいのなら、
養成学校に入学するのが良いでしょう。

また、長い修行を経て経験を積んでいけば、国家資格でもあり
日本の芸術を後世に伝える重要な役割を担う、伝統工芸士への
道も拓けます。

資格を取得するには12年以上実務経験が必須などの条件があり、
学歴よりも技術が問われる取得が困難な狭き門ですが、後世に
文化や技術を伝える重要な役割を担うため国からの補助金など
の援助のもと、生涯にわたって染色などの製作に携わることも
可能になります。