不動産業者を家を売る際に選ぶポイント

家を売る際、はじめにどこの不動産業者に
依頼するのかについて検討することになります。

ポスティングや新聞などで不動産に関する
広告チラシなどが多く入ってくるので、まずは
気になった業者に連絡して家がいくらで
売れるのか査定をしてもらうと良いでしょう。

査定だけなら無料でできますし、これから
段階を経て査定し、買い手を探したり売却を
するにあたっての知識などを得る意味でも、
まずはどこかの不動産業者と接触してみることです。

またインターネットで、家の無料一括査定サービスが
あります。そこでいくつかの業者をコンタクトを
してみるのも良いでしょう。

そこでどこの業者に依頼すると良いのか、
そのポイントについてお話します。

家を売るには様々な知識が必要です。
不動産営業をしている会社は宅地建物取引士の
資格がある人がいます。休ませる

それ以外にも様々な知識が
あり相談にのってもらえるように、ファイナンシャルプランナーや
任意売却アドバイザーなどの
資格があるといいですね。

また経験や実績が豊富で、わからないことでも
的確に親身になって説明やアドバイスをしてくれる
人がいる業者がお勧めです。

また家を売るための戦略が、しっかりとしているかを
見極めることが大切です。こっちにも

得意とするエリアや取引の
実績など、家を売ることに
有利なことを確かめることです。

購入の見込み客がいるか。
また万が一、売却がスムーズにいかないなどの
トラブルにぶつかってしまうなど様々な問題に
直面した時の対応など、信頼してお任せできるか
どうかが不動産業者選びのポイントになります。

カテゴリー: 家を売るのに抑えておくべきポイント | タグ: , | コメントする

家を売る際に知っておきたい注意点

家を売るという場合、よほど急いでいる
場合でなければ、出来るだけ高く売りたいと
思っている人が多いのではないでしょうか。

高く家を売るという場合には、まず相場と言うものを
知っておく必要があります。

いくら高く家を売りたいと言っても、相場と
かけ離れた金額を提示した場合には買い手が
つかない可能性があります。

その為、相場を知るということは、家を売る時には
絶対的に必要となるものです。

次に、家を売る時にかかる費用についても
知っておくようにしましょう。何のためにあるのか

家の売却価格を決める時には
売る時にかかる費用を把握し、
損をしないようにする
必要があります。

相場を知る方法はいくつかありますが、
不動産会社に査定を依頼するという方法があります。

一つの不動産会社ではなく、複数の不動産会社に
査定を依頼することで、おおよその費用を
知ることが出来るでしょう。

注意点としては、インターネットなどで
査定を依頼した際に提示される金額については、
おおよその金額であるということです。

より詳細な価格を知りたいという場合には、
現場を確認してもらってから、改めて査定額を
確認するようにしましょう。

家などの不動産の売買時には売買契約書が交わされます。

この契約書には分かりにくい言葉が書かれている
可能性がありますので、分からないということが
あれば、不動産会社の担当者に確認するように
しましょう。

確認を怠った場合には、損をしてしまう
可能性もありますので、注意するべきと
言えるでしょう。見えない部分

カテゴリー: 知らないことが多い家を売るための知識 | タグ: , | コメントする

書類は家を売るために何が必要?

家を売るときには準備しておかなくては
いけない必要書類があります。

最初に必要な書類は、土地と建物の登記簿謄本、
売買契約書、重要事項説明書、土地の測量図、
建築確認申請書・検査済書などです。

これは不動産会社が家を売るための広告や
資料の作成に使用されます。

登記簿は、土地や建物の権利者と権利を
証明できる書類です。

法務局や支局、出張所の窓口か郵送、
インターネットでも請求ができます。

売買契約書は、家を購入したときの売買契約書です。

重要事項説明書は、住居や契約の重要事項が
記載されています。

こちらは、家を購入したときに不動産会社から
引き継ぎでいます。

土地測量図は、土地の面積が記されており、
土地付きの戸建住宅を売却する際に
必要になる書類です。

建築確認申請書は、家をたてるときの
建築許可申請を行った際に使用した申請書です。

検査済書は、家が完成したときに申請したとおりに
建設されているかを検査し、合格した証の書類です。

家を売ると当然引き渡しをしますが、
その際に登記済権利証、土地と建物の固定資産税の
評価証明書・固定資産税納付書、実印と印鑑証明、
抵当権抹消書類、登記簿の住所と住民票が必要です。

登記済権利証は、所有権の移転登記をするために
必要な書類です。土地と建物の固定資産税の
評価証明書・固定資産税納付書は、土地や
当物にかかる税金の税額や
納付の確認に必要になります。安心しきっている

実印と印鑑証明は、家が
共同名義の場合は
人数分が必要です。

印鑑証明は3ヶ月以内に
発行したものに限られます。

抵当権抹消書類は、住居を担保に借入れをしている
場合に必要で、抵当権抹消登記申請書を用意します。

不動産会社や銀行から案内があるので受け取って
おきましょう。

また、登記簿の住所と現在の住所が異なるならば
住民票が必要です。

家を売る際に必要な書類は、不動産会社から
説明されますのでしっかりと準備してください。好きな場所

カテゴリー: 知らないことが多い家を売るための知識 | タグ: , | コメントする

どのぐらいの諸費用が家を売るのにかかるのか?

家を売るときにはいろいろな費用が必要です。
この家を売るときの諸費用は、仲介手数料、
印紙代、抵当権抹消登記費用、譲渡所得税が
主なものになります。

仲介手数料は、家を売る際に不動産会社に
仲介を依頼した場合に支払う費用です。

以下で計算できます。
(売却価格✕3%+6万円)✕消費税=仲介手数料。

印紙代は不動産売買契約書に貼る
収入印紙の購入代金です。

売買価格が100万円から500万円ならば
1000円、500万円から1000万円ならば
5000円、1000万円から5000万円は5000円と
売買価格によって必要な印紙代は違ってきます。

抵当権抹消登記費用は、抵当権を抹消するために
司法書士に依頼する時にかかる費用です。

売却する家を担保にしてお金を借りている場合は、
借入れをしている銀行が家に抵当権を設定しています。

の抵当権の抹消は所有者が行う必要があります。
おおよそ5千円から1万円ほどかかります。

住宅ローンを組んでいる人は、家を売る前に
ローンを全額返済しておく必要があります。

借入れをしたままでは抵当権を抹消できないので
これは必ず必要です。考え方を変えてみる

この全額返済には繰上返済事務手数料がかかります。
一般的に繰上返済事務手数料は5千円ほど、
固定期間選択型ローンの場合は3万円から
5万円ほど必要になります。

譲渡所得税とは不動産を売却した時にかかる
税金のことです。

家を売却した時に利益があった場合は
譲与所得税(住民税と所得税)を納めます。

家を取得してから5年以上は長期譲与所得に
分類され所得税15%と住民税5%がかかります。

5年以下の場合は短期譲渡所得として扱われ
所得税30%と住民税9%になります。

さらに、両者とも所得税に2.1%をかけた
復興税を納める必要もあります。

ですが、譲与所得税は家を売って利益が
あった場合に限られます。

売却額から諸経費をひいて利益が出ていない
場合は申告も必要ありません。眠れる

カテゴリー: 知らないことが多い家を売るための知識 | タグ: , | コメントする

家を売るのにかかる税金は?

忍耐が大事家を売るには基本的に税金が掛かります。
まず、その計算の仕方を説明しましょう。

課税される譲渡所得金額=譲渡価格-(取得費+
譲渡費用)ー特別控除額です。

譲渡価格は実際に売った金額です。
取得費は、その物件を買った時の価格です。

この中には、不動産会社へ支払って手数料や
収入印紙代なども含まれますので、領収書があるなら
取得費として計上できます。

譲渡費用は不動産会社へ支払った仲介手数料、
測量などをした場合の費用などです。自分がいたい所

特別控除額とは、マイホーム、つまり今現在
住んでいる家を売った場合の控除額で
3,000万円です。

しかし、実際に住んでいない場合は該当しません。

つまり買い換えなら特別控除があるということです。
さて、こうして算出された課税される譲渡所得金額に
税率を掛けて税金を計算します。

家を売るまでの期間が5年以上か5年未満かによって
税率が変わります。

5年以上の場合は長期譲渡所得となり、
所得税は15%、住民税は5%です。

5年未満の場合は短期譲渡所得となり、
所得税は30%、住民税は9%です。

さらに、課税される譲渡所得金額に2.1%を掛けて
算出した復興特別税も納付することとなります。

これは、期限付きのもので、所得税は平成49年まで
住民税は平成35年までとなります。

現在住んでいる家を売る場合には特例がありますが、
相続をして、その後空き家になっていた場合などは
控除がありません。

算出した譲渡所得金額の23%は課税されると
考えておくと良いでしょう(長期譲渡の場合です。)

なにはともあれ、家を売るの良く調べた上で行いましょう。

カテゴリー: 知らないことが多い家を売るための知識 | タグ: , | コメントする