初心者必見!家を売るために知っておきたい知識

家を売る方法には仲介と買取の2種類があります。

仲介とは家の売却を不動産会社に依頼する方法で、
買取とは家を不動産会社に直接買い取ってもらう方法です。

仲介で不動産会社に家の売却を依頼すると、
不動産会社は広告をし買い手を探します。

無事に買い手が見つかり家の売買が成約すると、
売り手は不動産会社に手数料を支払います。

このように不動産会社が買い手と売り手の間に
入り家の売却を進めていく方法が仲介です。

買取は、家を売るときに売り手が不動産会社に
直接不動産を買い取ってもらうように相談に行きます。

仲介と買取には、それぞれメリットとデメリットがあります。
仲介は、買取と比較すると家が高く売れる傾向があります。

不動産会社の受け取る仲介手数料は売れた金額に応じて
増減するので、高い価格で家が売れるように
販売努力をしてくれます。住む場所を探す

ですが、このように仲介では
不動産会社に支払う
仲介手数料が必要になります。

また、家を売る際に買い手を探す作業が必要になるので、
売却までに時間がかかる場合があります。

長い間買い手が見つからなかった場合は、買い手から
売れ残り物件のように思われてしまうために
希望する金額よりも売却価格が安くなることがあります。

買取は、不動産会社が直接買い取るため売買に
時間がかかりません。生活に欠かせない

ですので、すぐに家を
現金化できます。
デメリットとしては、売却価格が
安くなるというところです。

不動産会社は物件を買い取った後に、家を売るために
リフォーム代金や広告費や利益を計算するので
この金額分は売却価格が低くなります。