家を売るのにかかる税金は?

忍耐が大事家を売るには基本的に税金が掛かります。
まず、その計算の仕方を説明しましょう。

課税される譲渡所得金額=譲渡価格-(取得費+
譲渡費用)ー特別控除額です。

譲渡価格は実際に売った金額です。
取得費は、その物件を買った時の価格です。

この中には、不動産会社へ支払って手数料や
収入印紙代なども含まれますので、領収書があるなら
取得費として計上できます。

譲渡費用は不動産会社へ支払った仲介手数料、
測量などをした場合の費用などです。自分がいたい所

特別控除額とは、マイホーム、つまり今現在
住んでいる家を売った場合の控除額で
3,000万円です。

しかし、実際に住んでいない場合は該当しません。

つまり買い換えなら特別控除があるということです。
さて、こうして算出された課税される譲渡所得金額に
税率を掛けて税金を計算します。

家を売るまでの期間が5年以上か5年未満かによって
税率が変わります。

5年以上の場合は長期譲渡所得となり、
所得税は15%、住民税は5%です。

5年未満の場合は短期譲渡所得となり、
所得税は30%、住民税は9%です。

さらに、課税される譲渡所得金額に2.1%を掛けて
算出した復興特別税も納付することとなります。

これは、期限付きのもので、所得税は平成49年まで
住民税は平成35年までとなります。

現在住んでいる家を売る場合には特例がありますが、
相続をして、その後空き家になっていた場合などは
控除がありません。

算出した譲渡所得金額の23%は課税されると
考えておくと良いでしょう(長期譲渡の場合です。)

なにはともあれ、家を売るの良く調べた上で行いましょう。

カテゴリー: 知らないことが多い家を売るための知識 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)