どのぐらいの諸費用が家を売るのにかかるのか?

家を売るときにはいろいろな費用が必要です。
この家を売るときの諸費用は、仲介手数料、
印紙代、抵当権抹消登記費用、譲渡所得税が
主なものになります。

仲介手数料は、家を売る際に不動産会社に
仲介を依頼した場合に支払う費用です。

以下で計算できます。
(売却価格✕3%+6万円)✕消費税=仲介手数料。

印紙代は不動産売買契約書に貼る
収入印紙の購入代金です。

売買価格が100万円から500万円ならば
1000円、500万円から1000万円ならば
5000円、1000万円から5000万円は5000円と
売買価格によって必要な印紙代は違ってきます。

抵当権抹消登記費用は、抵当権を抹消するために
司法書士に依頼する時にかかる費用です。

売却する家を担保にしてお金を借りている場合は、
借入れをしている銀行が家に抵当権を設定しています。

の抵当権の抹消は所有者が行う必要があります。
おおよそ5千円から1万円ほどかかります。

住宅ローンを組んでいる人は、家を売る前に
ローンを全額返済しておく必要があります。

借入れをしたままでは抵当権を抹消できないので
これは必ず必要です。考え方を変えてみる

この全額返済には繰上返済事務手数料がかかります。
一般的に繰上返済事務手数料は5千円ほど、
固定期間選択型ローンの場合は3万円から
5万円ほど必要になります。

譲渡所得税とは不動産を売却した時にかかる
税金のことです。

家を売却した時に利益があった場合は
譲与所得税(住民税と所得税)を納めます。

家を取得してから5年以上は長期譲与所得に
分類され所得税15%と住民税5%がかかります。

5年以下の場合は短期譲渡所得として扱われ
所得税30%と住民税9%になります。

さらに、両者とも所得税に2.1%をかけた
復興税を納める必要もあります。

ですが、譲与所得税は家を売って利益が
あった場合に限られます。

売却額から諸経費をひいて利益が出ていない
場合は申告も必要ありません。眠れる

カテゴリー: 知らないことが多い家を売るための知識 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)