書類は家を売るために何が必要?

家を売るときには準備しておかなくては
いけない必要書類があります。

最初に必要な書類は、土地と建物の登記簿謄本、
売買契約書、重要事項説明書、土地の測量図、
建築確認申請書・検査済書などです。

これは不動産会社が家を売るための広告や
資料の作成に使用されます。

登記簿は、土地や建物の権利者と権利を
証明できる書類です。

法務局や支局、出張所の窓口か郵送、
インターネットでも請求ができます。

売買契約書は、家を購入したときの売買契約書です。

重要事項説明書は、住居や契約の重要事項が
記載されています。

こちらは、家を購入したときに不動産会社から
引き継ぎでいます。

土地測量図は、土地の面積が記されており、
土地付きの戸建住宅を売却する際に
必要になる書類です。

建築確認申請書は、家をたてるときの
建築許可申請を行った際に使用した申請書です。

検査済書は、家が完成したときに申請したとおりに
建設されているかを検査し、合格した証の書類です。

家を売ると当然引き渡しをしますが、
その際に登記済権利証、土地と建物の固定資産税の
評価証明書・固定資産税納付書、実印と印鑑証明、
抵当権抹消書類、登記簿の住所と住民票が必要です。

登記済権利証は、所有権の移転登記をするために
必要な書類です。土地と建物の固定資産税の
評価証明書・固定資産税納付書は、土地や
当物にかかる税金の税額や
納付の確認に必要になります。安心しきっている

実印と印鑑証明は、家が
共同名義の場合は
人数分が必要です。

印鑑証明は3ヶ月以内に
発行したものに限られます。

抵当権抹消書類は、住居を担保に借入れをしている
場合に必要で、抵当権抹消登記申請書を用意します。

不動産会社や銀行から案内があるので受け取って
おきましょう。

また、登記簿の住所と現在の住所が異なるならば
住民票が必要です。

家を売る際に必要な書類は、不動産会社から
説明されますのでしっかりと準備してください。好きな場所

カテゴリー: 知らないことが多い家を売るための知識 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)